政府/行政機関

効率性と 生産性の向上、 コストの低下

行政機関は有線ネットワークから離れ、職員や市民にモバイル環境を提供し始めています。 なぜでしょう? それは、セキュリティ、業務プロセスや管理プロセスのシンプルさ、運用コスト、生産性のすべての点で、モバイルの方が有線よりも優れているためです。

 

全無線化ワークプレイス、始まる

Arubaの全無線化ソリューションは、政府レベルの強力なセキュリティを備え、情報を全レベルで保護します。 信頼性の高い無線インフラストラクチャで中央と遠隔地のどちらの行政機関でもモビリティ環境を実現し、公共サービスを提供します。
全無線化製品ラインナップ

ネットワーク規模の適正化で無駄の多いレガシー・テクノロジーを廃止

有線ポートを段階的に廃止し、全無線化を実現して、1納税者あたり、最大$700を節約しましょう。 これがネットワーク規模の適正化です。 行政機関は、無駄の多い非効率なレガシー・テクノロジーを廃止し、その分をより生産性の高い新しいインフラストラクチャに投資することができます。
その他のメリットはこちら

 
 

Adaptive Trust: セキュアなモビリティのための最高の防御策

モビリティ環境では、注意を怠ると、危険で複雑な状況に追いやられる可能性があります。 安全性を確保するには、セキュリティの強化、ワークフローの自動化、コンテキストアウェア・ポリシーの活用、政府のコンプライアンス要件の対応を行うAdaptive TrustTMアプローチが必要です。
文書をダウンロード

米国政府向けモビリティ・ソリューション

Arubaには、米国政府および軍の各機関に数千の有線・無線ソリューションを提供した実績があります。
詳細はこちら

ノルウェー外務省

ノルウェー外務省は、在外公館、大使館、総領事館にセキュアなWi-Fiインフラストラクチャを導入しました。
ケーススタディをダウンロード

​​