IoT(Internet of Things)

IoTは目に見えるROIを実現します。備えはできていますか?

Arubaは、テクノロジーのパイオニアであり、「IoT」という言葉の生みの親でもあるケビン・アシュトン氏と共同で、各種業界でのIoTの採用状況についてのグローバル調査を実施しました。回答者の半数以上は、すでにIoT戦略を導入して数十億もの接続デバイスへの対応の準備を進めており、IoTは競争力の維持に必要であると考えています。IoTをすでに導入している回答者の半数以上は、大きなROIが得られたと述べています。

レポートはこちら

 

現在ネットワークに何が接続されているかを把握していますか?

企業は成功のためにIoTが重要であることを認識していますが、セキュリティが最大の問題となります。調査の回答者の半数以上は、IoTを採用する上で大きな障壁となったのは、外部からの攻撃に対する恐怖であったと回答しています。また、84%がIoT関連の侵害をすでに経験しています。
IoTセキュリティのビデオはこちら

医療関連のIoTは、患者ケアと医療供給者のROIを向上させています。

医療業界では、ROIは40%以上に達し、今後2年間に接続するIoTデバイス(患者モニター、発電機とメーター、画像検査/X線機器など)は33%増加するものと予測されています。このIoTデバイスの流入に対し、レガシー・ネットワーク・インフラストラクチャでどのように対応するかが課題となっています。
医療業界のビデオはこちら
医療業界のインフォグラフィックはこちら

 
 

小売業界では、デジタルと実世界の体験をIoTが橋渡ししています。

小売事業者の88%は、IoTによってビジネスの効率が向上し、買い物客のエンゲージメントが改善されたと回答しています。小売事業者の半数以上はIoT投資の利益率が最大40%になったと回答していますが、IoT関連の侵害に対し、ネットワークや顧客データの安全の維持について心配しています。
小売業界のビデオはこちら
小売業界のインフォグラフィックはこちら

IoTを導入したスマートオフィスでは、効率とイノベーションが向上します。

IoTはスマートなスペースを実現できます。インテリジェントな会議室、ロケーション・サービス、リアルタイム・モニタリングも、ワークプレイスの効率と生産性を高めるアプリケーションのごく一部にすぎません。全業界で、81%がIoTの採用によってビジネス効率とイノベーションが大きく向上したと回答しています。
エンタープライズのビデオはこちら
エンタープライズのインフォグラフィックはこちら

 
 

IoTはインダストリー4.0の効率を加速させます。

工業用IoTのいちばんのメリットは、ビジネス効率、IT部門の生産性、イノベーションです。工業では、IoT投資によって利益率が向上し、4分の3以上が最大80%のROIを達成したと回答しています。ただし、IoTから恩恵を得るには課題もあり、その最たるものは、新規テクノロジーとレガシー・システムの統合が困難であることです。
工業のビデオはこちら
工業のインフォグラフィックはこちら

IoTは私たちの生活を転換します。

都市の指導者の78%は、IoTは初期段階にあり、将来的には私たちの生活を転換するであろうと考えています。しかし、最大の課題は、大量のIoTデータの管理とデータからの価値の抽出です。地方自治体の回答者は、その次に大きな課題はインサイトを迅速に獲得するためのサーバー・コンピューティングのエッジへの移動であると答えています。
スマート・シティのビデオはこちら
スマート・シティのインフォグラフィックはこちら

 

IoTは現実か、夢物語か?

エンタープライズ、工業、スマート・シティ環境において、IoTがROIに大きな可能性をもたらすことに疑いの余地はありません。しかし、どの程度が誇張で、どの程度が現実なのでしょう?

ブログを読む

コンテキストがデジタル・ワークプレイスを強化

コンテキストに応じたロケーションベースのサービスが会議室でのエクスペリエンスをいかに向上させるかをご覧ください。

ホワイトペーパーはこちら

IoT向けのネットワーク・セキュリティの強化

ネットワーク・セキュリティを犠牲にしないスマート・ワークプレイスの構築
IoTのビデオはこちら