リモート・サイトとブランチからのアクセス

ブランチ・ネットワークの規模の適正化で、ITコストを48%削減

ハードウェア一式を使用してブランチまたはリモート・サイトに複雑なネットワークを展開するのは過去の話です。 次世代企業が必要としているのは、ハイブリッドWANまたはクラウド経由でオフィス、在宅勤務環境、出先のユーザーにモバイル・アプリとセキュリティ・サービスを迅速に提供するオールインワンのCPEソリューションです。

 

ハイブリッドWANで目指すものは?

高コストのプライベートWANに伴うセキュリティ上の懸念が強まる中、企業はブロードバンドのインターネットとクラウド・サービスに移行し、当初の何分の1かのコストでネットワークのパフォーマンスを高めています。 こうした移行を進めている方は、モビリティファーストのハイブリッドWANアーキテクチャを実現する柔軟なブランチおよびリモート・ソリューションをご覧ください。
ソリューションの概要はこちら

クラウド・サービスと同様に、ブランチ・ネットワークもスピードアップしませんか?

Farpoint Groupの分析はこちら

Wi-Fiをすぐに構築

御社のブランチまたはSMBに有線のWAN接続がすでにある場合、最適なクラウドベース管理が可能なAruba Instant APを展開することで、容易に管理ができるエンタープライズグレードのWi-Fiソリューションを構築できます。
Aruba Instantはこちら

どこからでもリモート・アクセスが可能

Arubaのリモート・アクセス・ポイント(RAP)とVIA (VPNクライアント)ソリューションを使用すると、簡単なプラグアンドプレイで、小規模ブランチ、一時的な拠点、在宅勤務環境に本社のネットワークをセキュアに拡張できます。
詳細はこちら